キャリアデザインコンサルタントの釈迦院です☆

【私は(^O^)、運気を最大限活性化させる「働き方」「生き方」を知り、かけがえのない一度の人生をポジティブに歩みたい方へ、生年月日を学問として体系化された『素質論・算命学』から割り出される、対象者の方の多角的な特性分析をベースにして、コーチング、カウセリング、様々なマネジメントのコンサルティングを行っています。そのため、相談内容に対して徹底的に詳細なアプローチができることを強みにしています。お気軽にお問い合わせください☆】

ここのところ、「生年月日でどんなことが分かるのか」ということをシリーズで話題にしています。分かることは学問によって異なりますが、素質論・算命学で話を進めています。前半は素質論です。そして、今回のテーマは『サードコード』(応用編)です

さて、ビジネスシーンにおいては、

★トラブルへの対処の仕方の傾向

★日頃からの問題意識の持ち方の傾向

が分かります。リラックスした場面での傾向はファーストコードをリーディングしますが、重大案件等、緊張を要する案件への対応は、サードコードから読み取れる傾向を見せることが多いです。緊急時におけるこの方の傾向を知ることで、マネジメントがしやすくなりますし、自分自身で言えば、どのようにトラブルへの対処をすれば運気が上がるのか、日頃からどのような問題意識を持っていれば運気が上がるのかが分かります。

次に、恋愛シーンです。

★恋愛が長続きする条件

が分かります。恋愛も倦怠期と呼ばれる時期が訪れる時、その後何を満たせば恋愛が続いていくのかということを読み取ることができます。どのような環境を望むのか、どのような気持ちのバランスを取ろうとするのか、きちんと傾向を把握できます。

最後に、子育てシーンです。

★心の安定化(一番最初に対応すべき心的傾向)

発達心理学において、子供の成長にまず必要なことは「心の安定」と言われています。

ファーストコードの傾向を見て、エンジンに火をつける(やる気スイッチを入れる)前に、エンジンを温めてあげないと、なかなか火がつきません。サードコードはその温めるための環境、そしてコミュニケーションが分かります。

ファーストコードでのアプローチがあまりその方にとって有効でない場合は、サードコードからのアプローチを行ってみると効果的です。

これで、「素質論」から導き出される「ファースト・セカンド・サード」コードの話題を終わりします。次回から算命学の話題に移りますが、また、今度は素質論のコアコードや、ポテンシャルコード、タイムコードなども少しずつ話題にしていきたいと思っているので、楽しみにしていてくださいね~☆

♪キャリアデザイン♪
お問い合わせはこちら♪
お問い合わせフォーム