キャリアデザインコンサルタントの釈迦院です☆

自己信頼力を高め、自分に自信がつくと、「自分らしい」選択ができるようになります。

ちょっとメモをしてあった、下記の言葉、あるアーティストのものだったのですが、忘れてしまいました(^^ゞでも、いつか話題にしたいなと取ってありました(笑)

『ひたすら「やりたい」ことを選んできた人生』(あるアーティスト)

2種類の人間がいます。やりたいことをやっちゃう人とやらない人。やりたいことをやってきたこの人生、おかげで痛い目にもあってきたし、さんざん恥もかいてきました。誰かの言うことを素直に聞いていれば、今よりもずっと楽だったかもしれない。

でもね、これだけは言える。やりたいことをやっちゃう人生の方が、間違いなく面白い

また、トムソーヤの冒険を書いた、マーク・トェインの言葉です。

『したことより、しなかったことの方が20年後後悔する』

youtubeの動画で、お年寄りに、人生で後悔をしていることはなんですかと、質問をしたら7割の方が、チャレンジしなかったこと」と答えたと、紹介がされていました。

考えすぎて行動ができない人は、間違えないことが重要だと思っています。

しかし、名を残す人は、どちらが失敗しないか」ではなく、「どちらが後悔しないか」で決めています。

世の中にはたくさんの情報やノウハウがあふれていますし、自分には何が必要か、不必要か選択に迷う人が多い時代です。

『最高の自分で生きると覚悟を決める勇気』を持つ人は、自分にできるか、できないか、やるべきか、やらないべきかという理性からの判断ではなく、

自分はやりたいのか、やりたくないのかという感情から判断するというぶれない基準(軸)をきちんと持っています。

「理性」よりも、「感情」で判断をしたほうがいいのです。なぜ、理性よりも、感情で判断するようが良いのでしょうか。

その理由は、理性で選ぶと、顕在意識が働き、感情で選ぶと、潜在意識が働くためです

人間とはおもしろいもので感情がやろうと思わない限り理性でどんなに良いことだと思っていても、よりよい結果に結びつきにくいまたは、実行に移せないものなのです。なぜなら、人間の感情の潜在意識は顕在意識の9割以上を占めているからです。

自分の感情を大切にした判断することを大切にすることによって、「自分らしい」選択が出来るようになります。

発言や行動に迷いなく、膨大な情報の中から自分に必要なものをすぐに選び取ることができたり、大切なことにも時間もエネルギーも集中できるようになります。

自分のことをきちんと知り、自己信頼力があるからこそ、理性ではなく、感情で判断が出来るのです。

選択に迷いがなく、自信をもつことで、欲しいものや、チャンスを引き寄せる力が強くなるし、繋がりたい人と繋がれ、人生がダイナミックに変わっていくことも可能となるのだと思います。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
自己肯定感を高めたい、人間関係の悩みを減らし、アサーティブなコミュニケーションを手に入れたい。『「A480枚」世界一詳しいあなたを分析したオリジナル資料を活かし、8時間で『自己信頼力』を高め、「これでいい」と心から思える、やりがいに繋がる「働き方」「生き方」を手に入れる

教職18年、異業種交流会主催15年、セッション・鑑定歴10年、のべ2000人以上の実績。体験セッションも行っています。お気軽にご相談ください。
お問い合わせフォーム
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★