キャリアデザインコンサルタントの釈迦院です☆

★私は、プライベートセッションにおいて、コーチングにカウセリング、統計学に運命学と、クライアントの問題解決のためのアプローチを幾つも持っているのが自分の強みです。

★今回はそのうち運命学、「占術」についてお話したいなって思っています。

★私が一番最初に学んだのは、占いの王様と呼ばれる「四柱推命」でした。学問の奥深さ、吉凶の的中率の高さ、王様と言われるだけありました。

★そんな私が次第にはまっていったのは「算命学」でした。算命学は東洋の4000年の知恵。秦の始皇帝の全国統一の一翼を担い、春秋戦国時代に花開き、中国の王家に一子相伝で受け継がれた技術で、戦略や軍略にも用いられてきました。

※一子相伝ということは「王から次の王へ」王家にのみ代々伝えられてきたという意味です。

★よって乱世には、算命学は人を活かす軍略、風水は攻める地形、方向を決める軍略として活用され 平和な世には、算命学は人財育成、適材適所、風水は都市計画として活用されてきたと考えられます。

★王家の占術の優れた点は、庶民の占いと違って、いいか、悪いかという単なる吉凶を出すだけでなく、具体的対処法、改善方法があり、つまり、「算命学は、運命を知るモノでなくて、運命を変えるもの」なのです。庶民の占いは 当てるもの・・・ 算命学は運命を改善するものなのです。

★一般的な占いにある「この人はこういう人」「こういうところが短所」のみが分かるだけでなく、「この人はどのように活用すればいいのか」「こうすれば長所に、こうすると短所に・・・」という答えを導き出せます。

★ビジネスの場では、「結果につながる人材マネジメントと戦略」、「人材を創る」、「人を活性化させる」ということが可能です。経営には作戦(軍略)が必要です。知ってると、知らないとでは 大きな違いだということです。

★恋愛で言えば、相性のいい悪いのみならず、20以上の技法を駆使し、「縁のあった人とこの先いい関係でいる為にはどうすればいいのか?」を分析することが可能なのです。

★人生で言えば、算命学では、有効な「人生の道しるべ」として活用が可能です。

★算命学の技法と思想は、十六の理論体系となり十六元法といわれ(ちなみに、四柱推命が使用しているのは「天法・地法」の二法のみ)、この技法を使うと、先祖三代、子孫三代まで観ることができます。吉凶を観るのが目的でなく「どうしたらいいのか」という改善方法を導き出すためのものなのです。物事の、どこ(結果) なぜ(原因)の因果だけでなく、 どう(したらよいのか)を算出する占技なのです。

★しかし、算命学は一般にはあまり知られていません。なぜなら、理由は2つあります。

一子相伝であった算命学は一般庶民に広がっていった「九星気学」「四柱推命」と呼ばれる学問よりも、知名度はあまりないのです。

★また、医術は、人の生かす術であると同時に、殺し方もわかるように、算命学は、人の活かし方に活用できると同時に、脱落のさせ方や、陥れることにも活用できるからです。そのため、古代中国王家は、この学問を一子相伝とし、この占技を使用することのできる人を限定としました。使用する側の心構えが重要な占技だからです。

あなたの働き方・生き方にパワーチャージ&パワーアップさせるキャリアデザインを提案させていただいています☆

♪キャリアデザイン♪
お問い合わせはこちら♪
お問い合わせフォーム